このページの本文へ移動

ホームお知らせ › ペットの災害時に役立つ社会化やしつけ

ペットの災害時に役立つ社会化やしつけ

 社会化とは人やほかの動物、様々な物や環境に慣らしていくことです。

 

 他人に友好的に接することができると、人もペットも避難生活のストレスが減り、預ける場合や迷子で保護された時でも扱いやすくなります。

 

 また、災害に備えた特別なしつけというものはありません。避難所では、鳴き声や吠え声、他人を怖がる、咬む、臭いや抜け毛などがトラブルの原因になります。むやみに吠えたりせず、知らない人や他の動物がいても落ち着いていられたり、ケージやキャリーバッグに入るようにしておくことは、日常の生活でも重要です。

 

                                  

 

お問い合わせ先

東かがわ市 市民部 環境衛生課
TEL 0879-26-1226