このページの本文へ移動

ホームくらしの情報くらし・住まい道路・農地等 › 支援・補助制度(道路)

支援・補助制度(道路)

原材料支給補助金制度(建設課)

 
制度概要 道路や水路などの修繕、改良に必要な原材料費に対し補助金を交付する制度
  *詳しくは、原材料支給補助金交付要綱(PDF:74KB)
        フロー図(PDF:136KB) をご覧ください
  
支給対象 里道、農道、水路など
 
申請者 自治会長、水利組合長等
 
申請時期 支給を希望する日の14日前まで
 
支給内容

 原材料

花崗土、砂、砕石、コンクリート、セメント、アスファルト

 二次製品

側溝、桝、ヒューム管等

 機器の借上げ

掘削機、運搬機器
 
交付の対象範囲

修繕整備の内容

原材料

二次製品

機器借上

補助金額 

新設 

○  ○  × 

市長が別に定める

基準単価以内

改良 

○  ○  × 

修繕 

○  ○  ○ 

維持

×  ×  ○ 

アスファルト塗装

×  ×  × 

別に定める平方メートル

当たり単価以内 

 
限度額 1地区1申請当たり10万円まで(1路線 年1回)
 労務費、処分費、機器の運搬費及びオペレーター代及び燃料費は、地元での負担をお願いします。
   
 
申請先 建設課 TEL 26-1302
 

道路愛護報奨金交付制度(建設課)


制度概要 市道の草刈、清掃活動をおこなっていただける団体に、年間100,000円を上限に報奨金を交付する制度
  *詳しくは、道路愛護報奨金交付要綱(PDF:150KB)をご覧ください 
 
対象団体 5名以上で継続的に活動できる団体
 
報奨金額 実施延長(両側共)1メートルあたり30円(限度額10万円)
 
傷害保険 道路愛護活動における傷害保険料は市が負担
 
提出書類 道路愛護団体結成届(PDF:27KB)
     交付申請書(PDF:69KB)
     請求書(PDF:131KB)
 
 

道路整備事業(建設課)

 
 
事業概要 
 公益上必要な道路の整備を、申請者の代わりに市が施工し、その費用の一部を受益者が負担する事業です。 
 
対象事業
(1)受益戸数または受益者数が2以上である道路
(2)道路を相互に連絡する道路(接続道路の幅員は1.2メートル以上のもの)
(3)道路及び水路を連絡する道路(接続道路の幅員は0.9メートル以上のもの)
(4)この事業により、道路内の占用物件(上下水道施設、水路、交通安全施設、環境保全施設等) 
  の新設、移設又は改修(以下「雑工」という。)の必要があるもの。
    ただし、雑工の経費は工事費の2分の1の範囲内とする。
(5)用地費は対象外とし、事業施行にかかる私有地は市に帰属させるものとする。
    ただし、分筆等にかかる委託経費等については対象とする。
 
提出期限 4月1日から6月30日まで
 
採択基準
 次の事業で、原則、単年度で精算が終了するもの
【道路新設改良事業】
 道路の有効幅員が、改良後3.0メートル以上で、1か所の事業費が100万円以上1000万円未満
【橋梁整備事業】
 橋梁(床版橋を含む)の有効幅員が、改良後3.5メートル以上で、1か所の事業費が100万円以上1000万円未満
【舗装整備事業】
 道路の有効幅員が2.0メートル以上で、1か所の事業費が30万円以上500万円未満であり、アスファルト舗装またはコンクリート舗装とするもの。
 ただし有効幅員について、住宅密集地等の路地で地形形状等の理由により改良不能な場合は、この限りでない。
【道路維持修繕事業】
 1か所の事業費が100万円未満
 
分担金額
 事業費の20% 以内の額
 
 

お問合せ先

東かがわ市 事業部 建設課
TEL 0879-26-1302