このページの本文へ移動

ホームくらしの情報各種保険介護保険 › 介護(予防)サービスを利用するには

介護(予防)サービスを利用するには

サービスを利用するには

保険料を納めている人は、介護が必要になったときに、だれでも(ただし65歳未満の人は、特定疾病に該当していることが必要です。)介護サービスを利用することができます。介護サービスを利用するには、次の申請をして、要介護・要支援認定を受ける必要があります。要介護・要支援認定とは、対象者の状態ではなく、「介護にかかる手間」という視点で、「どのくらいの量の介護が必要か」を全国統一の基準で調べるしくみです。

◆第1号被保険者(65歳以上の人)
 寝たきりや認知症などで、日常生活に介護や支援が必要になった場合 
◆第2号被保険者(40歳以上65歳未満の人)
 アルツハイマー病や脳血管疾患など、老化が原因の病気(16の指定された特定疾病)により、日常生活に介護や支援が必要になった場合 

16の指定された特定疾病 

介護サービスを利用する手順

※サービスの利用に必要な手続きの流れは、次のとおりです。

(1) 申請

要介護・要支援認定申請書に、介護保険被保険者証(65歳未満の人は医療保険被保険者証)を添えて、市の各窓口センターまたは出張所、介護保険課に提出してください。申請時に認定調査の日程調整をさせていただきます。また、主治医意見書をお渡ししますので主治医にお渡しください。

※本人が申請に行けないときは、家族のほかに地域包括支援センター、指定居宅介護支援事業所、介護保険施設などに代行してもらうこともできます。

 

(2)‐1 主治医意見書

主治医意見書を医療機関に持参し、受診します。主治医が意見書を記入し、添付の返信用封筒にて市へ直接返送されます。

(2)‐2 認定調査

市の認定調査員が自宅などを訪問し、心身の状態や日頃の生活状況などについて聞き取りを行います。

 

(3) 一次判定

認定調査の結果と主治医意見書をもとに、コンピュータによる一次判定を行います。

 

(4) 介護認定審査会(二次判定)

認定調査の結果と主治医意見書をもとに、介護の必要性やその程度を医療、保健、福祉の専門家による介護認定審査会において、総合的に判断します。

 

(5) 認定結果の通知

介護認定審査会の結果にもとづいて「非該当(自立)」、「要支援1、2」、「要介護1~5」の区分に認定し、結果を郵送で通知します。

 

(6) 介護(予防)サービス計画の作成

認定結果をもとに、介護支援専門員(ケアマネジャー)と話し合い、心身の状況にあわせた介護サービス計画を作成します。

 

(7) 介護(予防)サービスの利用

介護(予防)サービス計画(ケアプラン)にもとづいて、介護サービスを利用します。

 

介護保険要介護認定・要支援認定の更新について

継続して介護保険サービスを利用している人(住宅改修、福祉用具購入のみの利用の人を除く)に、有効期間終了の約60日前に介護保険認定の更新の案内をしています。

介護保険認定の有効期間を過ぎますと、1~2割の自己負担での介護サービスが受けられなくなる可能性があります。介護保険サービスを利用している人は忘れずに更新しましょう。

 

お問合せ先

東かがわ市 市民部 介護保険課
TEL 0879-26-1360