このページの本文へ移動

ホームくらしの情報市・県民税 › 平成28年分の確定申告からマイナンバー(個人番号)の記載が必要です

平成28年分の確定申告からマイナンバー(個人番号)の記載が必要です

 平成28年分の確定申告から、マイナンバー(個人番号)の記載及び本人確認書類の提示又は写しの添付が必要となっています。

●本人確認書類の例

 1.マイナンバーカード

 2.通知カード(※1)及び運転免許証等の顔写真付きの身分証明書

 3.マイナンバーが記載された住民票の写し及び運転免許証等の顔写真付きの身分証明書

(※1)券面に記載された住所・氏名等が住民票に記載されている内容と一致する場合に限る。

 

●マイナンバー制度の概要

 社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現することを目的として、マイナンバー制度が導入されました。
 平成27年10月から、マイナンバー(個人番号)・法人番号が通知され、平成28年1月から順次利用が開始されています。
 税分野では、申告書や法定調書など、税務署に提出する税務関係書類にマイナンバー・法人番号を記載することによって、税務行政の効率化及び納税者サービスの向上などが期待されています。

  詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。

 

お問合せ先

長尾税務署
TEL 0879-52-2531