このページの本文へ移動

ホーム教育委員会給食センター › H28食育ニュース3月号 新メニューの登場です!

H28食育ニュース3月号 新メニューの登場です!

ジャンバラヤ

315日は、サミット給食でした。サミット参加国である、アメリカの郷土料理「ジャンバラヤ」が東かがわ市の学校給食に初登場しました。スペインのパエリヤがもとになってできた、トマトとスパイスの効いた米料理です。

 

 ジャンバラヤ材 料  4人分

  ・米          2

・コンソメ       1/2(くだいておく)

 

・いか         30g(短冊切り)

・あらびきウィンナー  3(5mmスライス)

 ・鶏もも肉       40g(小さめの一口大に切る)

  ・たまねぎ       1/2(1/4に切って薄くスライス)

・にんじん       1/4(大きめのせん切り)

  ・トマト缶       1/4

   <または ミニトマト 6(1/2に切る)>

  ジャンバラヤ・セロリー       2cm(スライス)

  ・グリンピース(むき) 大さじ2

・にんにく       1(すりおろし)

・バター        小さじ1

・サラダ油       小さじ1

・白ワイン       小さじ2

・コンソメ        1/2(くだいておく)

・塩こしょう      少々

・一味         少々

 

 作り方

1. 米は洗ってコンソメを入れて炊く。

ジャンバラヤ2. 鍋にサラダ油とバターを熱し、にんにくを炒めて香りを出す。

3.  鶏肉、いか、ウィンナーを炒め、白ワインをふる。

4. セロリー、たまねぎ、にんじんを入れて炒める。

5. トマト缶を入れて、水分が少なくなるまで煮る。

6. 塩こしょうで味を調え、炊きあがったごはんに混ぜる。

 

☆ ごはんと具の両方にコンソメを入れると、具を混ぜたときに味がなじみやすくなります。

☆ 給食ではいかを使いましたが、エビで作ってもおいしいですよ。