このページの本文へ移動

ホームくらしの情報くらし・住まい道路・農地等 › 農地を農地以外のものに転換する手続きについて(農地法第4条・第5条)

農地を農地以外のものに転換する手続きについて(農地法第4条・第5条)

農地の転用の許可(農地法第4条・第5条)
 
・農地の所有者が農地以外のものに転用する場合(農地法第4条)
   耕作の目的に供されている農地を宅地や資材置場、駐車場などの土地に形質変更する行為を農地転用といいます。この行為を行う場合には県知事の許可が必要です。
 
・権利移動を伴う農地の転用(農地法第5条)
   権利移動(所有権移転・賃貸借権設定等)を伴う農地転用も、4条同様県知事の許可が必要です。
 
 ☆許可の基準や許可申請に必要な書類はこちら(香川県HPにリンクします)
 ☆毎月20日ころ、申請内容を審議する総会を開催します
  同月1日までに農業委員会事務局へ申請してください
  (1日が閉庁日の場合は、翌日以降の最初の開庁日) 
 
・農用地区域の農地を転用する場合
 農用地区域内の農用地(田・畑)を農地以外の目的で利用することはできませんが、やむを得ず他の目的(住宅・駐車場など)に利用(転用)する場合は「農用地区域からの除外」の手続きが必要となります。
  農用地区域から除外する場合は「除外の要件」を満たしており、農地法、都市計画法、森林法、建築基準法など、他法令による許認可等の見通しがあり、充分な事業計画があることが必要です。
 ☆除外の要件はこちら(香川県HPにリンクします) 
 ☆受付は年3回(6月・10月・2月)
  同月20日ころ、申請内容を審議する総会を開催します
  同月1日までに農業委員会事務局へ申請してください
  (1日が閉庁日の場合は、翌日以降の最初の開庁日) 

お問合せ先

東かがわ市事業部 農林水産課 農業委員会
TEL 0879-26-1303