このページの本文へ移動

ホーム市長の部屋活動報告 › 9月7日(月)エントランスギャラリー「亀井洋一郎展」開幕

9月7日(月)エントランスギャラリー「亀井洋一郎展」開幕

 9月7日、市役所1階のエントランスホールに、市民の待ち合い場所を兼ねた美術作品等展示するコーナー「エントランスギャラリー」を開設しました。

 オープニングを飾るのは、陶芸作家の亀井洋一郎様の作品です。

 亀井様は、本市のご出身で、現在は沖縄の琉球大学で美術教育専修の准教授をされながら陶芸作品を制作されております。

 

 このたび、展示するのは、Lattice receptacle(ラティスレセプタクル/「格子構造の受容器」の意)シリーズ5点で、代表作と未発表作品3点が含まれております。青白磁の格子構造体を基本形とする陶芸作品です。

   

 幾何学的で単一色の作品なので、一見、無機質に感じられますが、格子構造で空間が生み出されており、差し込む光の強さ、角度、色合いで作品の表情が様々に見えてきます。また、エントランスギャラリーは、自然の光が差し込む場所なので、時の移ろいにあわせて、違った趣を味わえます。一色のはずなのに、光と影で多彩に見える作品です。ソファーに座り、ゆっくり鑑賞していただきたい独特な作品です。

 亀井様の作品は、今年の年末まで展示いたします。

  

 今後、エントランスギャラリーでは、市文化協会において選定していただいた美術作品等を随時入れ替えながら展示してまいりますので、楽しみにしてください。

写真は9月4日に、準備のため市役所を訪れた亀井様(写真:右)に、永峰市文化協会長とともに作品の説明をいただいた時のものです。)

 

 

お問い合わせ先

東かがわ市 総務部 総務課
TEL 0879-26-1214