このページの本文へ移動

ホームライフイベント健康・保険 › 子宮頸がん予防ワクチンの接種について

子宮頸がん予防ワクチンの接種について

子宮頸がん予防ワクチンの接種について

 

 平成25年4月1日より、子宮頸がん予防ワクチンは、予防接種法に基づく定期予防接種となりました。しかし、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が特異的にみられたことから、副反応の発生頻度がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、接種の積極的な勧奨を差し控えるよう平成25年6月14日付けで勧告がありました。

 これを受け、本市では接種対象年齢になっても個別通知(予診票の送付等)は行っていません。対象年齢の方で接種を希望する方は予診票をお送りしますので、事前に保健課までお問い合わせください。なお、接種の際はワクチンの有効性とリスクをご理解のうえ、接種医療機関で十分な説明のもとお受けください。

 

 子宮頸がん予防ワクチンに関する情報(厚生労働省

 子宮頸がん予防ワクチンに関するQ&A(厚生労働省)

 

 子宮頸がん予防ワクチンに関するリーフレット(厚生労働省 令和2年10月改定版)

  子宮頸がん予防ワクチンの接種について検討・判断や、接種を希望した場合に円滑な接種ができるよう、子宮頸

 がんや子宮頸がん予防ワクチンの有効性・安全性に関する情報をより分かりやすく知っていただくために、子宮頸

 がん予防ワクンに関するリーフレットが改定されました。

  ・小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(概要版) 

  ・小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(詳細版)

  ・子宮頸がん予防接種を受けたお子様と保護者の方へ

 

 

■子宮頸がんとは

子宮頸がんとは子宮の入口(頸部)にできるがんで、性的接触によって感染するヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で発症することが分かっています。HPVに感染すること自体は特別なことではなく、感染してもほとんどが自然に排除されますが、数年~十数年にわたって持続的に感染することでがんになると考えられています。

 

■子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がん全体の50~70%の原因とされる2種類(16型・18型)の ヒトパピローマウイルス(HPV)に予防効果があると言われています。

 

■対象者・接種時期について

詳細はこちらをご覧ください(学童予防接種) 

 

 
 
 futari-n-4_R
 
 

お問合せ先

東かがわ市 市民部 保健課
TEL 0879-26-1229