このページの本文へ移動

学童予防接種

接種方法
医療機関での個別接種となります。接種対象時期に予診票と案内文をお送りしますので、よくお読みになって、実施医療機関で接種してください。
 
実施医療機関
個別通知に市内医療機関一覧表を載せています。また市外(県内)の医療機関でも接種できますので直接医療機関へお問い合わせください。
 
香川県外等の契約外医療機関で予防接種を希望される場合
 やむを得ない事情で、香川県外等の契約外医療機関で定期接種を希望される場合は、その費用を
東かがわ市が定める金額を上限として、払戻すことができます。契約外医療機関で定期予防接種を
受けるには、予防接種を受ける前に「東かがわ市予防接種実施依頼書交付申請書」の提出が必要で
す。詳しくは、下記までご相談ください。
 【様式】
 
学童予防接種一覧  

  対象疾患

回数   対象年齢・時期・方法

二種混合(ジフテリア破傷風トキソイド)

2期  

 1回

11歳以上13歳未満

小学6年生に個別通知(予診票を送付)します

日本脳炎 

2期

 1回

9歳以上13歳未満

9歳を迎えた翌月に個別通知(予診票を送付)します

※下記の「令和3年度における日本脳炎ワクチンの出荷量調整による定期予防接種の対応について」をご確認ください。

子宮頸がん

 

 3回

12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子

(標準的には13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間)

 

2価:サーバリックス

1月以上の間隔をおいて2回接種し、1回目接種から5月以上かつ2回目接種から2か月半以上の間隔をおいて1回接種

4価:ガーダシル

1月以上の間隔をおいて2回接種し、2回目接種から3月以上の間隔をおいて1回接種

※3回とも同じワクチンで受けてください。

                                 予防接種ガイドライン抜粋
 
令和3年度における日本脳炎ワクチンの出荷量調整による定期予防接種の対応について
 令和3年度における日本脳炎ワクチンの定期接種は、令和3年1月15日付けの厚生労働省からの通知に基づき、1期1回目及び2回目が優先(定期接種として受けられる年齢が上限が近づいている場合には、この限りではありません。)され、市からの個別通知は次のとおりとなります。
【個別通知の対象者】
 ・1期:令和3年度中に3歳に達する方(平成30年度生まれ)
 ・2期:令和3年度中に18歳に達する方(平成15年度生まれ)
 令和3年度中に4歳に達し1期追加の接種を予定されている方及び9歳達し2期の接種を予定されている方は、原則として供給再開後に接種していただきますようご理解とご協力をお願いいたします。なお、該当する方への個別通知は令和4年度に行う予定です。 
 
※日本脳炎の特例措置
 ・H7.4.2~H19.4.1生まれの方は20歳未満まで接種可能です。
  (令和3年度はH15.4.2~H16.4.1生まれの方に日本脳炎2期の案内を個別に通知しています) ・H19.4.2~H21.10.1生まれの方は13歳未満まで接種可能です。
 詳細については保健課へお問い合わせください。
 
※子宮頸がん予防ワクチンについては、厚生労働省からの通知に基づき、平成25年6月より個別通知
 を控えていますので予診票はお送りしていません。(子宮頸がんの予防ワクチンの接種について)対
 象年齢の方で接種を希望する方は、予診票をお送りしますので、事前に保健課までお問い合わせく
 ださい。なお、接種の際はワクチンの有効性とリスクをご理解のうえ、接種医療機関で十分な説明
 のもとお受けください。

 

 子宮頸がん予防ワクチンに関する情報(厚生労働省

 子宮頸がん予防ワクチンに関するQ&A(厚生労働省)

 

 子宮頸がん予防ワクチンに関するリーフレット(厚生労働省 令和2年10月改定版)

  子宮頸がん予防ワクチンの接種について検討・判断や、接種を希望した場合に円滑な接種ができるよう、子宮頸

 がんや子宮頸がん予防ワクチンの有効性・安全性に関する情報をより分かりやすく知っていただくために、子宮頸

 がん予防ワクンに関するリーフレットが改定されました。

 ・小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(概要版) 

 ・小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(詳細版)

 ・子宮頸がん予防接種を受けたお子様と保護者の方へ

 

 

お問合せ先

東かがわ市 市民部 保健課 健康づくりグループ
TEL 0879-26-1229