このページの本文へ移動

ホーム広報紙・メール配信広報東かがわテキスト版 › -広報 2008年 2月号 テキスト版-

-広報 2008年 2月号 テキスト版-

第59号(2008年2月1日発行)

特集  2008年 市成人式

 
東かがわの明日を拓く新成人  20歳  の再会と門出
 
 1月5日、ベッセルおおちで市成人式が行われました。今年は、新成人の83%に当たる314人が参加。開会前、旧友や恩師との再会に歓喜の声が上がる一方、式典では真剣な表情で大人への自覚を受け止めていました。
 今月号は、新成人の夢、そしてふるさとへの思いを紹介します。
 
 
 ■■■■■ 桑島教育長からのメッセージ ■■■■■
 
  「笑」という漢字は、犬が竹をくわえて歩いていたことに由来すると言われています。
  「笑」といえば、今日の会場は笑いでいっぱいです。その「笑」に囲まれ幸せを感じます。これからの人生を笑いの多い人生、本当の笑顔・素敵な笑顔のある素晴らしい人生にしてください。
 
 
■■■■■     成人式実行委員     ■■■■■ 
 
 昨年の8月から成人式のために動き始めた委員たち。事前準備や当日の運営に奔走した新成人の声を聞きました。
 
 委員になったきっかけは?
 
 一生に一度の成人式を幼い頃からの友達と一緒に作り上げ、大切な思い出を作りたかったから。
 去年やっていた先輩がおもしろかったと言っていたので。
 
 印象深いことは?
 
 県外にいるので電話やメールでのやり取りが中心になってしまった。直接集まって作業するより少し大変だったかな?それでも、市の教育委員会の方と協力しながら自分たちの成人式が作れたと思うと嬉しい。
 みんな考え方が大人になっていた。スライド上映のアルバム集めが大変だったけど懐かしくて当時のことを思い出しながら作れたのでよかった。
 司会が終わってからたくさんの友人に「おつかれさま」と言われ達成感があり、やってよかったと思った。
 
 式への意気込みを
 
 思い出がいっぱいつまったスライド上映。アルバムなどをかき集めて一生懸命作りました。
 今までお世話になった先生方や保護者の方に僕たちの成長した姿を見てもらいたい。
 全員が成人としての自覚を持ってこれから生活していけるような式にしたい。
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
 市では、来年の成人式実行委員を随時募集します。申込・問い合わせは教育委員会事務局生涯学習課(℡26-1238)
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
 
■■■■■  新成人の皆さんに聞きました  ■■■■■
   
①  これからチャレンジしてみたいことは?
②  あなたの大切なものは?
③  もし市長になったらどんなまちにしたい?
※ 氏名下の=赤文字=はスローガン
 
 
成人式実行委員長  笹浦 孝文さん
= 目標を見据えた合理的な行動! =
① 人見知りをするので多くの人びとと交流を持ち、社会性を高めたい。
② 家族と仲間
③ 生涯教育を充実させたい(ボランティア活動を活発に行う。地域の高齢者と子どもたちの交流を重視した地域一体型の学習を行う)
 
 
成人式司会 桑島 裕人さん
= 全力でまっすぐ生きる =
① 世界中を回っていろんな人や景色を見てみたい。
② 思い出
③ 若者が帰ってきたくなるようなイベントや就職機会の多いまちにしたい。
 
 
成人式司会 河井 拓也さん
= 一日一日を大切にする、時間を大切にする、日々元気に明るく過ごす =
① 旅行、株式投資、語学。
② 友人、家族
③ 明るく、安心して住めるまちにする。楽しいまちにする。
 
 
新成人代表のあいさつ 工藤 真裕さん
= 何事にも本気でチャレンジ!! =
① 一人暮らしと保育の仕事。
② 家族、周りにいてくれる人たち
③ いつも自然がいっぱいで落ち着く美しい市。
 
 
杉本 茉奈美さん
= 自由気ままにマイペース!! =
① 心身ともに鍛えステキな大人の女性になりたい!!
② 家族、友だち、まわりで支えてくれてる人
③ 平和で安全で子どもやお年寄りみんなが豊かでのびのびと暮らせるようなところにしたい。
 
 
金澤 希美さん
= 人にやさしく =
① 海外へ一人旅。
② 20年分の思い出
③ 年齢に関係なくみんなが一日を楽しく過ごせる場所がたくさんある市。
 
 
髙田 善隆さん
= 人のために力を尽くす =
① 海外へ一人旅をしてみたい。
② 苦楽をともにしたたくさんの友だち
③ 東かがわ市だけのビッグイベントを開催したい。
 
 
大山 雅史さん
= 莫煩悩 =
① 夢にむかっていろいろな資格を取る。神宮大会(野球)出場。
② 家族、友人
③ お年寄りや障がい者の人たちと市民全員が助け合っていける東かがわ市。
 
 
入口 結衣さん
= 思い立ったら即実行 =
① ドラム
② 友だち、家族、音楽
③ 税金を有効に使う市にしたい。
 
 
三井 明子さん
= 出会いを大切に =
① まずは目の前の中国留学。いろんな事に挑戦してきます。
② 人と人とのつながり
③ 今までの自然はそのまま残しつつ若い世代がもっともっと引っ張っていくような市にしたいです。
 
 
■■■■■  新成人のみなさ~ん、市内で一番好きな場所は?  ■■■■■
 
 翼山 
 あの場所は頑張って登山した思い出の場所。
 大川体育館前の芝生 
 下に見える町並みがきれい。
 家 
 一番リラックスできる。
 田ノ浦の海水浴場 
 昔から海で泳いだりバーベキューをすることが出来たりして忘れられない思い出がたくさんあるから。
 虎丸山の頂上 
 小・中学校、高校で登った。市が見渡せる。
 夏の与田川  
 虫の声を聞くのが楽しい。
 
 
■■■■■ 恩師からのメッセージ ■■■■■
 
引田中学校に勤務していた六車正史先生
 昨年は「偽」に揺れた一年でした。大人たちが謝罪する姿を目にしどんなことを感じましたか。昔の人は「お天道様が見ている」という表現で誠実な生き方を教えたものでした。「偽」は最後まで明るみに出ないかもしれません。しかし、自分の心を「偽」で固めることはできません。どのような立場になっても自分に対しても他人に対しても誠実な生き方をしてください。
 
大川中学校に勤務していた射場志津代先生
 皆さんに出会ったのは6年前でしたね。皆さんの中にどんなことも受け入れる柔軟さを常に感じた2年間でした。充実した楽しい毎日が送れたのは皆さんのおかげです。本当に感謝しています。これからの人生、どんなことにも前向きに進んでいってください。皆さんならできると信じています。皆さんの人生が幸多いものになるように祈っています。
 
白鳥中学校に勤務していた佐藤悦治先生
 これからさまざまな立場で多くの人と関わりながら人生を歩み続けるわけですが、「信頼される人間」であり続けてほしいと思います。親しい友や身近な人を信じ、信頼されているのと同じように、これから活躍する職場や地域など、社会の多くの方から「あの人なら大丈夫。あの人に任せよう」といわれる人であってほしいと思います。

 
  PDF版・・・PDF表示の広報はこちら
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お問合せ先

東かがわ市 総務部 総務課
TEL 0879-26-1214