このページの本文へ移動

ホーム広報紙・メール配信広報東かがわテキスト版 › -広報 2007年 11月号 テキスト版-

-広報 2007年 11月号 テキスト版-

第56号(2007年11月1日発行)
  特 集    知ってほしい墓地のこと
 
お墓の話、しませんか?
 身近な「墓地」はどうなっているのでしょう? きらりはまちくんとまちかど記者のみなさん、お墓参りに来たおばあちゃんが市内墓地を巡りました。 まだまだ知られていない「墓地」の現状。一緒にお墓のことを考えてみませんか?
 
きらりはまち 今回、お墓参りに来たおばあちゃん(以下、おばあちゃん僕と一緒にお墓を見学したり、お墓の問題を考えてくれるまちかど記者のみなさんだよ。なべさんのんちゃんなおちゃんくぼっち
 
 
 
※※※※ お墓って? ※※※※
 
くぼっち はっ、はまちくん!広報紙の3Pにあるお墓の写真は、いったい何なの?
きらりはまち これは、市内にある墓地の一部です。残念だけど市内には管理の行き届いていない墓地や、使用者が分からないお墓、不法投棄された墓石なんかが他にもまだまだあります。
おばあちゃん へぇ~。じゃあ、そもそも墓地ってどういうものなの?
きらりはまち 「墳墓(下表参照)」を設けるため「墓地」として使用することを県知事や市長から許可されたところを言います。
のんちゃん じゃあ、無断で私有地にお墓を建てたら?
きらりはまち 埋葬や焼骨の埋蔵(下表参照)は墓地以外の区域ではやってはいけないことになってるし、違反者には罰則もあります。
なおちゃん だいぶ昔、うちの山の中にお墓を建てたようなんだけど、許可されているものかどうか確認できるの?
きらりはまち 昭和23年以降に建てられたものかどうかの判断材料が無いと、みなし墓地になるかどうか分からないですね(下表参照)。もしみなし墓地でなかった場合でも、無許可ということでお墓の存在自体を否定できるものでもありません。
 
※※※※ 共同墓地って? ※※※※
 
おばあちゃん 市内には市営墓地以外の墓地もあるみたいだけど、墓地の種類ってどうなってるの?
きらりはまち 墓地の分類はいくつかあります(下表参照)。広報紙の写真で紹介しているのは市営墓地と共同墓地です。
 すべての墓地に共通するのは『公共性・永続性・非営利性』が求められることです。
くぼっち 共同墓地って?
きらりはまち 土地の名義が、東かがわ市、旧町(引田町、白鳥町、大内町)になっていて、地域のみなさんの取り決めでお墓を建てて使用しているところのことです。一昨年、環境衛生課の調査によって、市内に75カ所の共同墓地のあることが分かりました。
なおちゃん 市営墓地と何が違うの?
きらりはまち 市営墓地は管理者が市になっているのに対し、共同墓地の管理者は市以外で、管理者不在の墓地もあります。管理者がいない場合、今あるお墓をおまつりすることはできても、永続的な秩序ある墓地管理は難しいのではないでしょうか?管理者を置く方法は、管理組合を設置することです。そのときは、環境衛生課に相談してください。
のんちゃん じゃあ、地図の墓地記号はすべて市営墓地とか共同墓地なの?
きらりはまち 地図の墓地記号の根拠は分からないですね。ちなみに、大都会では墓地にする土地が減ってきたので「合掌墓(下表参照)」が普及しています。合掌墓は大都会に限らずどんどん普及していくんじゃないでしょうか。
 
※※※※ 無縁墓の問題 ※※※※
 
くぼっち 荒れた墓地ができた原因は?
きらりはまち 墓地の度重なる転売で使用者が分からなくなったり、転出などでお墓の世話をする人がいなくなったことです。ほかにも、お墓の移転などで要らなくなった墓石を墓地近辺に捨てるケースもあります。
 今後、死者数は増えますが、祭祀の担い手は減少すると予想されます。これは前述したおまつりをする人のいない墓(無縁墓)のさらなる増加につながるのです。
おばあちゃん 無縁墓とか、荒れた墓地はどうしているの?
きらりはまち 市では、秩序ある墓地管理と永続的な墓地経営のため長期的視点に立ち整理を進めていこうと考えています。
 現在、環境衛生課で市営墓地の使用・管理の現況調査を行っています。すでに黒羽霊園の現況調査が完了し、現在、入野山霊園の調査もほぼ完了しました。今年度は町田霊園の調査に入る予定です。そのなかで、おまつりをする人のいない墳墓をどうするか、今後の課題として浮かび上がってきました。
なべさん お墓の問題は、50年単位で考えて実行しなきゃ解決は難しいんじゃないかな?1~2年での短期解決は市の財政も厳しいし難しいんじゃないの?
くぼっち うんそうだよね。ところで、お墓に関する申請って多いな~(下表参照)。
きらりはまち 多く感じるかもしれませんが、火葬許可証がなければ埋蔵できませんし、改葬許可証がなければお墓を動かせません。
のんちゃん 他市では、無縁仏を整理した話を聞いたけど?
きらりはまち 県下の墓地整理の先進地域では、使用者不明の墓に札をつけそれを官報で告示しています。告示後、一定期間経過し、無届けのまま使用者不明の状態が続けば無縁墓として扱い、骨壺は納骨堂に収納し、墓石は一部だけ一カ所にかためて置いて他は廃棄しているようです。本市でも、無縁墓を整理した例があります。
 
※※※※ 墓地のこれから ※※※※
 
なおちゃん 墓地の管理意識を高めるためにも、永代使用料(下表参照)を更新制にしては?墓地使用前に支払うだけだからその後無責任になる場合があると思う。例えば、何年かに一度支払うとか。
おばあちゃん でも最近はお墓に関する考え方自体が変わってきているから、更新制にしても効果は低いんじゃないかな?
のんちゃん そうそう荒れた墓地が出来た原因は、ほとんどの人が墓地に興味が無いことかもね~。
くぼっち お墓も新しいものをたくさん建てるより、みんなが一緒に入れるような大家族的なものにしたらいいんじゃないかな?その方が維持費なんかも安く済むはず!お墓も大家族になれば無縁墓も減少するし、メデタシメデタシだ。
のんちゃん まず啓発活動を通じ、今後、無縁墓の増加や無許可の墓の設置を防ぎ、これ以上事態が悪化しないようにするべきだよね。例えばお墓セミナーの開催なんてどうかな?
なおちゃん そうだね。お墓に関する教育が大切だと思う。
のんちゃん 短期間で一方的に無縁墓の整理を推し進めても、これまでの経緯が複雑だと使用者も納得できない場合が多いんじゃないかな?
なべさん 無縁墓の整理を進めるなら、同時に、市営墓地の空き区画の斡旋もしてほしいな。
のんちゃん 自治会と連携を取りながら寄合の時とかに、啓発していくのも手じゃない?まずはちゃんと知らせていくことから始めなきゃ。
なべさん 今年から始めれば50年後に解決する問題も、10年後に始めれば解決が60年後になってしまう。いつ始めるかが問題だよね。何より、墓地整理を進めるうえで市民の皆さんの理解は不可欠。まず新区画の整備とか、もっと簡易でスマートな区画を用意するとか理解を得られるように努めなきゃね。
きらりはまち 市では、将来、墓地のデータベース化も視野に入れながら、広報や出前講座等を通じ広く説明・周知を行い墓地の整理を進めていきます。
のんちゃん 墓地使用者と管理者がお互いに意見交換していく中で良い方向に向かっていくように、墓地相談コーナーなんかがあればなあ?市の墓地問題の全体像を把握する第一歩になるんじゃない?
なおちゃん まずは、なぜ無縁墓が増えたのか?その経緯はどういったものか知ってもらうことから始めよう!
おばあちゃん どうして、今、無縁墓の整理をするのか、しっかり根拠を示し知ってもらうことが必要だね。
くぼっち このお墓巡りで、このまま放置していては大変な事になるというのが分かったよ。
なべさん 無縁墓を整理するのであれば一過性の事業としてではなく継続してやっていかなきゃね。
 
 
 お墓めぐりを通じて、まちかど記者のみなさんはお墓のいろいろなことを学びました。
 そのなかで、この問題はお墓の管理者(市、管理組合)だけでなく、使用者である皆さんと一体となって取り組むべきことだと気付いたようです。
 まずは、関心を持って、マナーを守りながらしっかりお墓のお世話をすることから始めましょう。
 
 
【下表】 
 
  お墓マメ知識 
墳墓
 死体を埋葬し又は焼骨を埋蔵する施設(=お墓のこと)
 
埋葬
 死体を土中に葬ること
 
埋蔵
 焼骨した遺骨を土中にまくこと
 
経営許可をうけたものとみなす墓地(みなし墓地)の判断基準
◆墓地、埋葬等に関する法律施行(昭和23年6月1日)
 市は、同法施行前に設置された墓地はみなし墓地として取り扱います。同法施行後は、原則、新たに墓地経営が認められるのは、地方公共団体、宗教法人、公益法人に限られています。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・ 墓地の分類 ・・・・・・・・・・・・・・・・・
公営墓地
 地方公共団体が経営主体となり、申請により行政の許可によって使用が認められる墓地【※市営墓地など】
 
事業型墓地
 公益法人や宗教法人が経営する宗旨宗派を問わない墓地
 
寺院墓地
 寺院に檀家のために設置された墓地
 
その他墓地
 公営、寺院、事業型以外の墓地。土地の名義が旧町名【※共同墓地】、大字名、個人などの墓地
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
合掌墓
 遺骨を屋内(納骨堂)に収蔵する形態のお墓。土地使用料が不要のため、通常のお墓に比べ少ない費用で使用できる場合が多い。
 
墓所
 墳墓を設けるために墓地内に区画されたところ。
 
永代使用料 
 お墓を建てるときに土地を永代にわたって使用する際に納める使用権料。新たに区画を使用する時に1回だけ納めていただきます。
※区画を使わなくなっても、永代使用料はお返しできません。
 
改葬
 埋葬した死体を他の墳墓に移すこと。
 遺骨を他の墳墓に移すこと。 
 収蔵した焼骨を他の墳墓又は納骨堂に移すこと。
 
火葬 
 死体(妊娠4カ月以上の死胎も含む)を葬るために焼くこと。
 
  お墓に関する申請 
 緑文字は墓地管理者に提出が必要な書類。
 
◆市営墓地内の墓所を使用するとき
 =使用許可申請書
 
◆お墓の新設、改造、模様替えをしようとするとき
 =工事着手届
 
◆お墓の新設、改造、模様替えを完了したとき
 =工事完了届
 
◆遺骨をお墓に納骨するとき
 =火葬許可証(原本)
 
◆墓所使用者が市外に転出し、市内に住所を有しなくなったとき 
 =使用代理人届
 
◆墓所使用者が死亡その他の理由で、その人に代わって他の人がお墓をおまつりすることになったとき 
 =使用権承継届
 
◆お墓を他の墓地に移転するとき 
 =改葬許可申請書
 
◆墓所使用者の氏名または本籍、住所等を変更したとき 
 =使用者氏名・住所等変更届
 
◆墓所を使用する必要がなくなったとき 
 =返還届
 
この特集、お墓に関する相談・問い合わせは、市民部環境衛生課
(℡26-1226)まで
  PDF版・・・PDF表示の広報はこちら
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お問合せ先

東かがわ市 総務部 総務課
TEL 0879-26-1214