このページの本文へ移動

ホーム広報紙・メール配信広報東かがわテキスト版 › -広報 2007年 1月号 テキスト版-

-広報 2007年 1月号 テキスト版-

第46号(2007年1月1日発行)
市長が選ぶ
写真でみる 10大ニュース
 
 市民の皆様にはご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 
本市が誕生してはや四年が経とうとしています。全国に先駆けての合併だっただけに注目もされ、また多少の戸惑いも感じながらのスタートでしたが、比較的順調に来れたのも市民の皆様の温かいご理解とご協力のおかげと感謝申し上げます。
 この間、平成16年にはかつて経験したことのない高潮や土砂崩れ、浸水など相次ぐ台風により甚大な被害を被りました。一刻も早く災害復旧を図るべく総力をあげて取組んだ結果、今年度でほぼ完了の見込みとなりました。二年余りの膨大な時間と労力、費用を費やしましたが、関係者の方々のご尽力、ご協力に心より感謝申し上げます。
 
 2006年を振り返ってみますと、
市の事業では、
 ①待望の「新給食センター」の完成。
 ②浸水で悩まされてきた引田川向地区に「排水ポンプ場」が完成。
 ③湊川に架かる「笠屋橋」の開通。
さらに県事業では、
 ①「県道津田引田線馬篠バイパス」工事進む。
 ②「大内北部農免道路」の延伸。
ガ挙げられます。
 
 また、永年の懸案であった国道11号バイパスは一部の工区で用地買収が順調に推移しており、これらの事業は本市の将来の発展に大きく寄与するものと確信しています。
 何と言っても心強いのは、地域の元気のいい人たちの意欲的な取組みでした。
 「引田ひなまつり」や「ひけた着物語り」、「第一回三本松とらまる市場」では驚くほどの大勢の人々で賑わいました。また特筆すべきは、「五名ふるさとの家」の取組みが全国地域づくり推進協議会会長賞を受賞したことでしょう。同賞は山間部の厳しい条件を逆手に取ったユニークな発想と、楽しい手作りの取組みが全国レベルで高い評価を受けたものです。心からお祝いし声援を送りたいと思います。
 2007年は、本市が今まで体制を整えつつ時間をかけて検討してきた課題に取組むスタートの年です。市拠点施設整備事業(市民交流プラザと庁舎整備)、三本松駅周辺整備事業、引田の新しい学校づくり事業、幼保一元化計画、などの諸課題についていよいよ具体化していく段階に来ています。厳しい財政状況ではありますが、これらに果敢に取組んでいくチャンスは今しかありません。知恵と心と力を結集し、これら諸課題に挑戦するスタートの年となることを願っています。
  PDF版・・・PDF表示の広報はこちら
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お問合せ先

東かがわ市 総務部 総務課
TEL 0879-26-1214