このページの本文へ移動

ホームくらしの情報各種保険介護保険 › 住宅改修費の支給

住宅改修費の支給

  家庭で暮らす要支援または要介護の認定を受けている方の生活環境を整えるため、必要と認められる小規模な住宅改修に対して、住宅改修に要した費用の9割(又は、8割)が申請により支給されるものです。

      ※「償還払い」と「受領委任払い」の選択制です。

      ※ 詳細については、手引きを確認してください。 (手引き「受領委任関係」)(PDF:1161KB)

 工事の前に保険給付の対象となるかなどの審査を行いますので、事前申請が必要となります。工事完了後の終了報告も必要です。

 限度額は20万円で、原則として1つの住居につき1回限りですが、要介護度が著しく高くなった場合や引越しをした場合は、状況によって再度支給を受けることもできますので、ご相談ください。

 

 住宅改修の対象(以下の6種類)

1.手すりの取り付け

2.床段差の解消

3.滑りの防止及び移動の円滑化等のための床材の変更

4.引き戸等への扉の取替え

5.洋式便器等への便器の取替え

6.その他1~5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

 

お問合せ先

東かがわ市 市民部 介護保険課
TEL 0879-26-1360


最終更新日: 2017年05月29日