このページの本文へ移動

ホームライフイベント健康・保険 › マダニによる感染症について

マダニによる感染症について

 マダニによる感染症に気をつけましょう

  ダニ類の中には「ウイルス」や「リケッチア」という病原体をもっているマダニがいます。この病原体を持ったマダニにかまれることで、「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」や「日本紅斑熱」などの病気になることがあります。マダニは春から秋にかけて活動が盛んです。特にマダニが好む場所として知られているのが、山林や川原の土手などの草むらです。やぶ等で、犬や猫などの動物にマダニが付くことがあります。

 

〇マダニが生息する場所に立ち入るときは、咬まれない工夫をしましょう

・長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴、帽子、手袋を着用、首筋にはタオルを巻くなど、肌の露出を    

 少なくしましょう。

・肌が出る部分は防虫スプレーを噴霧しましょう。

・地面に直接寝転んだり、腰を下ろしたりしないようにしましょう。

・屋外活動後は、シャワーや入浴でダニが付いていないかチェックしましょう。

 

〇もしマダニに咬まれたら

 吸血中のマダニに気がついた時は、できるだけ医療機関で処置してもらいましょう。無理に引き抜くとマダニの一部が皮膚の中に残ることがあります。マダニに咬まれた後に発熱・発疹等の症状が出た場合は、医療機関を受診しマダニに咬まれたことを告げてください。

 

(参考ホームページ)

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について(厚生労働省ホームページ)

マダニによる感染症に気をつけましょう(香川県ホームページ)

マダニ対策、今できること(国立感染症研究所ホームページ)

 

 

 

お問い合わせ先

東かがわ市 市民部 保健課
TEL 0879-26-1229