このページの本文へ移動

ホームくらしの情報軽自動車税・法人市民税 › 対象・計算方法(法人市民税)

対象・計算方法(法人市民税)

対象
法人市民税は、市内に事務所、事業所または寮等がある法人等に課税されるもので、「均等割」と法人等の所得(法人税の税額)に応じて課税される「法人税割」とがあります。
その法人の事業年度終了の日の翌日から2カ月以内に申告し、同時に納税することになっています。

納税義務者

 

納めていただく税額

均等割

法人税割

 市内に事務所又は事業所を有する法人 

 市内に事務所又は事業所は有しないが、寮等を有する法人

×

 市内に事務所、事業所を有する

 公益法人等又は法人でない社団等  

 収益事業を行う

 収益事業を行わない

× 




法人市民税率


法人市民税均等割額税額表(年額)

【均等割額】

区分

資本金の金額

市内事業所等の
従業者数の合計

現行の税率

9号

50億円超

50人超

年額360万円

8号

10億円を超え
50億円以下

50人超

年額210万円

7号

10億円超

50人以下

年額49万2千円

6号

1億円を超え
10億円以下

50人超

年額48万円

5号

50人以下

年額19万2千円

4号

1000万円を超え
1億円以下

50人超

年額18万円

3号

50人以下

年額15万6千円

2号

1000万円以下

50人超

年額14万4千円

1号

前各号以外の法人

年額6万円



【法人税割額】

 平成26年9月30日以前に開始した事業年度

14.7%

 平成26年10月1日から令和元年9月30日までに開始した事業年度

12.1%

 令和元年10月1日以後に開始した事業年度 

 8.4%


※法人市民税の税率改正に伴い、令和元年10月1日以後に開始する最初の事業年度の予定申告に係る法人税割額について、以下のとおり経過措置が講じられます。
 
 前事業年度の法人税割額×3.7÷前事業年度の月数
 (通常は前事業年度の法人税割額×6÷前事業年度の月数となります。)
 

お問合せ先

東かがわ市総務部 税務課
TEL 0879-26-1216