このページの本文へ移動

ホームお知らせ › 国道11号大内白鳥バイパス道路用地における土壌汚染について(平成31年1月24日)

国道11号大内白鳥バイパス道路用地における土壌汚染について(平成31年1月24日)

 

  国道11号大内白鳥バイパス道路用地における土壌汚染について

 

 国土交通省四国地方整備局香川河川国道事務所から、本市及び香川県に対して国道11号大内白鳥バイパス道路用地において埋め立てられた廃棄物を発見したとの連絡があり、その後当該廃棄物の直下土壌を調査したところ、土壌汚染を確認したとの情報提供がありました。

  この事態を受け、県より土壌汚染が確認された土地について、土壌汚染対策法に基づく区域に指定を受けるための申請が香川河川国道事務所長からあったとの連絡を受けました。

 

1 土壌汚染の発生した場所

 東かがわ市伊座地先  道路用地 

 

2 土壌汚染発生の経緯

(1)経緯及び施行の時期

 旧白鳥町では白鳥町湊川尻不燃物処分場(一般廃棄物処理施設)の堆積残土が飽和状態なので、昭和63年度に不燃物処理場残土処理工事として予算計上し堆積残土を16,300m3搬出埋立する旨の記載がありますので、当該残土に廃棄物が混入し土壌汚染が発生していると考えられます。

 

3 今後の市の対応

(1)県と東かがわ市で、土壌汚染が発生した周辺の飲用井戸の有無等を調査し、必要に応じ衛生指導を行います。また、人の健康を保護し、生活環境を保全するため井戸水の検査を行い、香川県と緊密な連携をもって対応していきます。

(2)埋立行為について、旧白鳥町においては違法性の認識なく一般廃棄物を堆積残土として処分した可能性が高いと思われます。なお、専門家等を中心に当時の行為の検証を進めています。

(3)汚染状況を調べるため、現在国が調査している箇所以外も調査を行い、どういった対応が必要か早急に検討いたします。

 

 

 

 

お問い合わせ先

東かがわ市 市民部 環境衛生課
TEL 0879-26-1226