このページの本文へ移動

ホームくらしの情報市・県民税 › 上場株式等の配当所得等に関し、所得税と異なる市・県民税の課税方式の選択について

上場株式等の配当所得等に関し、所得税と異なる市・県民税の課税方式の選択について

 平成29年度税制改正により、上場株式の配当所得や譲渡所得(源泉徴収のある特定口座取引分のみ)に係る所得については、平成29年4月1日から、所得税と異なる課税方式により、市・県民税を課税することができることが明確化されました。 

 納税通知書が送達される日までに、確定申告書とは別に、市・県民税申告書を提出いただくことにより、所得税と異なる課税方式(申告不要制度適用、総合課税、申告分離課税)を選択することができます。

 

 手続きについて

・申告納税相談(確定申告)期間中

 納税相談会場で市・県民税申告書の作成、提出が可能です。

・申告納税相談(確定申告)期間終了後

 税務課窓口にて、提出が可能です。

 

 提出書類について

市・県民税申告書(PDF:378KB)

・確定申告書の控(写しで可)

・特定口座年間取引報告書、配当金計算書等(写しで可)

お問い合わせ先

東かがわ市 総務部 税務課
TEL 0879-26-1216