このページの本文へ移動

ホームその他各種申請書・証明書ダウンロード › 証明書(住民票、戸籍など)の発行

証明書(住民票、戸籍など)の発行

郵送請求される方へのご注意(令和元年10月1日以降に市役所から返送するもの)

 郵便料金の改定に伴い、返信用封筒に必要な切手の料金も変更となります。

 料金をご確認いただいた上で、請求していただきますよう、お願いいたします。

発行できる場所

 本庁舎、大内支所、引田支所、福栄出張所、五名出張所

※旧町(大内・白鳥・引田)に関わらず、上記の場所のどこでも発行が可能です。郵送請求については、本庁舎・大内支所・引田支所で対応しています。

発行できる時間

 平日:8時30分 ~ 17時15分

 サンデーサービス(毎月第2・4日曜日、本庁舎のみ):8時30分 ~ 17時15分

 

 ※住民票と税証明(一部を除く)は電話予約サービスを実施しています。

  予約受付時間は平日の8時30分~17時15分です。

  サンデーサービス、電話予約サービスについての詳細はこちら

発行に必要な書類・手数料 (税証明についてはこちら

 

証明書等の種類 手数料 申請者  必要な書類等

 住民票謄本・抄本(※1)

1通 400円

●本人・同一世帯の方

●上記以外の方

【本人・同一世帯の方】の場合

・認印

・本人確認ができるもの

(窓口に来られる方の免許証など)

 

【上記以外の方】の場合

・委任状

・認印(窓口に来られる方)

・本人確認ができるもの

(窓口に来られる方の免許証など)

 住民票記載事項証明書

1通 400円

 軽自動車住所確認書(※2)

無料

 ☆年金受給者現況届の証明

無料

 戸籍謄本・抄本

1通 450円

●本人・配偶者・直系血族(※6)・同一戸籍の方

●上記以外の方

 【本人・配偶者・直系血族・同一戸籍の方】の場合

・認印

・本人確認ができるもの

(窓口に来られる方の免許証など)

 

【上記以外の方】の場合

・委任状

・認印(窓口に来られる方)

・本人確認ができるもの

(窓口に来られる方の免許証など)

 除籍謄本・抄本(※3)

 改製原戸籍謄本・抄本(※4)

1通 750円

 戸籍附票(※5)

1通 400円

 身分証明書

1通 400円

●本人

●上記以外の方

【本人】の場合

・認印

・本人確認ができるもの

(窓口に来られる方の免許証など)

 

【上記以外の方】の場合

・委任状

・認印(窓口に来られる方)

・本人確認ができるもの

(窓口に来られる方の免許証など)

 独身証明書

1通 400円

☆ 印鑑登録(カードの交付)

※印鑑登録の届出方法についてはこちら

1件 400円

●本人

※代理人による申請も可能です。詳しくは、印鑑登録の届出のページをご覧ください。

 

・登録する実印

・本人確認ができるもの(官公署発行の顔写真付きのもの)もしくは保証書

 印鑑登録証明書

1通 400円

●本人または代理人 ・印鑑登録証

 

※ご注意※

・ ”☆”のついているものは本庁舎・大内支所・引田支所のみの対応となります。

・代理人が個人番号や住民票コード入り住民票を請求した場合、代理人に手渡しはできかねます。

 後日、本人宛に簡易書留・転送不要郵便でお送りします。

・必要な書類に不備がある場合、すぐに証明書をお渡しできないことがあります。

・本人確認ができるものの詳細についてはこちら

 

※1 謄本と抄本の違い:謄本は同一世帯もしくは同一戸籍内全員の名前が記載されます

             抄本はそのうちの一部の方の名前のみ記載されます

※2 軽自動車住所確認書:軽自動車の名義登録に使用するもの

※3 除籍謄本・抄本:同一戸籍内全員が除籍となっている戸籍

※4 改製原戸籍謄本・抄本:法改正により、改製(作り直し)される前の戸籍

※5 戸籍附票:住所の履歴

※6 直系血族:曾祖父母、祖父母、父母、子、孫、曾孫など。養子縁組をしている方も含まれます。

住民票に記載される内容

 (1) 必ず記載される内容

  住所、氏名、生年月日、性別、住所を定めた日、前住所

 (2) 記載を請求できる内容

  以下の内容は提出先によって必要な情報が異なります。

  どのようなものが必要かは、提出先にお問い合わせください。

  ・世帯主氏名、続柄

  ・住民票コード(特別な請求理由が必要です。)

  ・個人番号(特別な請求理由が必要です。)

  ・本籍、筆頭者(日本人のみ)

  ・国籍、在留資格、在留期間、在留カード等の番号(外国人のみ)

必要書類判定フロー

 以下のフローは基本的な例のみ掲載しています。個人の状況により、以下の条件でも発行できない場合、以下の条件以外でも発行できる場合がございます。個別にお話をお伺いして判断しますので、下記のお問い合わせ先までご連絡いただくか、本庁舎、大内支所、引田支所までお越しください。フローチャート

※法定代理人:親権者、後見人、保佐人(代理権が付与されている場合のみ)などを指します。

郵送でのご請求

  郵送でのご請求は、下記の郵送案内を参考にお手続きをお願いします。

 ・郵送請求案内(PDF:89KB)

 ・戸籍謄抄本交付申請書(PDF:198KB)

 ・委任状(PDF:43KB)

法人による住民票の請求

 ・請求方法(PDF:240KB)

 ・申請書様式(PDF:60KB)

よくある請求例

 以下の内容は、よくお問い合わせや質問をいただくものを掲載しております。

 一般的な例になっておりますので、実際に必要な書類は、提出先にご確認をお願いいたします。

 

 ケース1:家族が亡くなり、相続の手続きをしたい(金融機関や不動産など)

  ・亡くなった方(被相続人)の出生から死亡までの戸籍

   大正~昭和初期のお生まれの方で、1セットあたり5通前後の戸籍があります。

   手数料は1セットあたり3,000円~5,000円程度です。

   養子縁組や転籍などがある場合には、さらに増えることもあります。

  ・相続人の戸籍謄本・抄本、住民票、印鑑証明

   

 ケース2:戸籍の届出(婚姻、離婚、養子縁組、養子離縁)

  ・本人の名前が記載されている戸籍謄本

   東かがわ市に本籍があり、届出も東かがわ市で行う場合は不要です。

 

 ケース3:パスポートの申請をしたい(参考:パスポート申請のご案内パンフレット)

  ・戸籍謄本または戸籍抄本

   同一戸籍の方が同時に申請する場合、戸籍謄本1通で共用できます。

  ・住民票

   香川県内に住所があり、住民基本台帳ネットワークでの住所確認を承諾する方は不要です。

 

 ケース4:2つ以上前の住所までさかのぼった書類がほしい(自動車や土地の名義変更)

  ・戸籍附票

   1つ前の住所は住民票にも記載されています。

お問い合わせ先

東かがわ市 市民課
TEL 0879-26-1111