このページの本文へ移動

ホーム よくあるご質問 › 税金:固定資産税

固定資産税


固定資産税の課税基準日

固定資産税の課税はいつを基準に課税されるのですか。
毎年1月1日現在、市内に存在する土地・家屋・償却資産を保有している登記簿上または固定資産税課台帳に登録されている所有者に課税されます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

お問い合わせ先

総務部 税務課
TEL 0879-26-1216 FAX 0879-26-1335

土地、家屋に対する評価額の見直し

固定資産税の評価替えはいつ行われるのですか。
土地、家屋については、3年に一度評価額が見直されます。最近では平成30年度に評価替えが行われました。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

お問い合わせ先

総務部 税務課
TEL 0879-26-1216 FAX 0879-26-1335

固定資産の価格

私が所有し、納税義務者となっている固定資産の価格を知ることはできるのですか。
納税義務者は自分の固定資産課税台帳(兼)名寄帳の閲覧が1年を通じてできます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

お問い合わせ先

総務部 税務課
TEL 0879-26-1216 FAX 0879-26-1335

固定資産税の納税

固定資産税の納税義務者が亡くなりました。どのような手続きをすればよいですか。
固定資産税の納税義務者の方がお亡くなりになられたときは、納税義務者の変更手続が必要です。
変更手続には、「納税義務者変更届出書」を提出してください。この届け出により、その翌年から新しい納税義務者の方に固定資産税を課税することになります。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

お問い合わせ先

総務部 税務課
TEL 0879-26-1216 FAX 0879-26-1335

未登記家屋の所有者変更

未登記家屋の所有者を変更しました。どのような手続きをすればよいですか。
法務局の建物登記簿に登記されていない家屋(未登記家屋)の所有者を変更(相続・売買等)した場合には、市への「未登記家屋の所有者等変更申告書」の提出が必要です。
この申告書の提出により、翌年度から新しい所有者に固定資産税を課税することになります。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

お問い合わせ先

総務部 税務課
TEL 0879-26-1216 FAX 0879-26-1335

家屋の滅失

家屋を取り壊しました。どのような手続きをすればよいですか。
家屋を所有する方で、家屋の全部または一部を取り壊したときには、面積の大小にかかわらず、「家屋滅失申告書」を提出してください。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

お問い合わせ先

総務部 税務課
TEL 0879-26-1216 FAX 0879-26-1335

固定資産税に対するよくある質問

固定資産税に対する質問でどのような内容のものが多いですか。
固定資産税について問い合わせの多いものを6件掲載しています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

お問い合わせ先

総務部 税務課
TEL 0879-26-1216 FAX 0879-26-1335

固定資産税の特別措置

固定資産税の特別措置はどのような方が受けられますか。
市内で、一定額以上の設備等を新設・増設した者について、一定の要件を満たせば固定資産税の特例措置を受けることができます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

お問い合わせ先

総務部 税務課
TEL 0879-26-1216 FAX 0879-26-1335

固定資産税の前納報奨金

固定資産税は前納報奨金が交付されるのですか。どのようにすれば交付を受けることができますか。
固定資産税は前納報奨金が交付されます。前納報奨金は「固定資産税」の第1期の納期中に当該年度の税額の全額を納付した場合にのみ支払われます。(100円未満の端数は切り捨てます。)

詳しくはこちらのページをご覧ください。

お問い合わせ先

総務部 税務課
TEL 0879-26-1216 FAX 0879-26-1335