このページの本文へ移動

ホーム 市長の部屋

市長の部屋

東かがわ市長 上村一郎

東かがわ市長
上村 一郎
うえむら いちろう

経歴
  • 平成 8年 3月 大内町立大川中学校卒業
  • 平成 8年 4月 陸上自衛隊入隊
  • 平成13年 3月 陸上自衛隊退職
  • 平成15年 4月 中央大学法学部政治学科入学
  • 平成19年 3月 中央大学法学部政治学科卒業
  • 平成19年 4月 株式会社電通パブリックリレーションズ入社
  • 平成27年 3月 株式会社電通パブリックリレーションズ退社
  • 平成27年 4月 国会議員秘書(香川県)
  • 平成30年 3月 国会議員秘書を退職
  • 平成31年 4月 東かがわ市長就任
プロフィール
    趣味・特技
  •  スポーツ(野球・ラグビー)

  • 好きな食べ物
  •  うどん、ブリの漬け丼

  • 信条
  •  恥ずかしがることが一番恥ずかしいこと

  • 資格・免許
  •  大型自動車免許
  •  狩猟免許(わな猟)
  •  日本政策学校卒業

誰もが知っている、ワクワクするまちへ

 本市は、平成15年4月の合併後17年目を迎えました。 この間、歴代市長のもと、市議会議員のご理解とご賛同をいただきながら、健全な財政運営を維持し、人口減少や少子高齢化対策、働く場の確保、インフラの更新整備、大規模災害への備えや激甚災害からの復旧など、本市が抱える多くの課題や直面した事態に向き合い、限られた財源の中、必要な施策に取り組んでまいりました。 その取り組みが結実し、今日の東かがわ市につながっています。
 しかし一方で、多くの市町村と同様、人口減少に歯止めがかからず、少子高齢化がますます加速している現実も受け止めなければなりません。
 これからの東かがわ市を託された私たちが、ともに今を生きる世代のため、そして、次の世代のために、これからの東かがわ市をどう描いていくのか、そのために今、何をしなければならないのか。 これまで取り組んできた各種施策の検証も含め、改めて考えていく必要があります。

 私は、新しい東かがわ市のまちづくり(東かがわ市新時代構想)の実現に向けて、「誰もが知っている、ワクワクするまちへ」を基本理念に掲げています。

 技術の発展が進み、社会がものすごいスピードで変わっていく一方で、東かがわ市では人口減少、少子高齢化が進行し続けています。 市民の皆様、特に若い世代がこのまちの未来を不安に感じています。 その状況を打破し、これからの東かがわ市に、市民の皆様が期待感をもつことができる。 そんなまちをつくっていきます。

 新たな令和の時代を迎え、3年後、5年後、そして10年後、「人は少なくなったけど、このまちが好きだ」「私はこのまちの良いところをたくさん知っている」市民の皆様にそう言ってもらえる、「誰もが知っている、ワクワクする東かがわ市」をともに創っていくために、若いからこそできる新たな発想で、誠心誠意取り組んでまいります。
 ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。