このページの本文へ移動

ホームくらしの情報くらし・住まいごみ・環境・ペット › スプレー缶、カセットボンベ類の出し方

スプレー缶、カセットボンベ類の出し方

 スプレー缶、カセットボンベ類の出し方

 

 ごみ収集車で火災がたびたび発生しております。原因は、可燃性ガスが残ったスプレー缶やカセットボンベ、ライターなどが原因と考えられています。

 家庭ごみ収集時の車両火災では、収集作業に遅れが出るだけでなく、ごみ収集車や作業員をはじめ、近隣住民にも大きな被害がおよぶ可能性があります。

 

スプレー缶などは使い切ってから、スプレー缶専用ネット袋(緑)に入れてください。

 

中身を空にするために穴を開けることは危険ですのでやめてください。

 

不燃ごみの集積場に注意を促す看板を順次取り付けしていきます。

スプレー缶の出し方

参考

 

【スプレー缶の場合】

残ったガスを抜くための「中身排出機構(残ガス排出機構)」がついている場合があります。詳しくは(一社)日本エアゾール協会 のホームページをご覧ください。電話03-5207-9850

こちら

 

【カセットボンベの場合】

カセットボンベを振って中の音を聞いてください。中身が残っていると「シャカシャカ」と音がします。詳しくはメーカーまたは(一社)日本ガス石油機器工業会へお問い合わせください。

電話0120-14-9996

ホームページは、こちら

お問い合わせ先

東かがわ市 市民部 環境衛生課
TEL 0879-26-1226


最終更新日: 2018年10月05日