このページの本文へ移動

ホームお知らせ › 熱中症を予防しましょう!

熱中症を予防しましょう!

熱中症を予防しましょう!

 気温が高い日が多くなると熱中症予防の対策が必要です。

 熱中症は、屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症します。

 また、重症化すると死に至る可能性もあります。

 熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう。特に子どもや高齢者は注意が必要です。

 

熱中症とは…

 熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、

 体温調整機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。

 

◇予防対策◇

 屋外や室内にかかわらず暑さを避ける

 ○室内では

  扇風機やエアコンで温度を調整する、遮光カーテンやすだれを使う、室温を確認するなど

 ○屋外では

  日傘や帽子の利用、こまめに休憩するなど

 こまめに水分補給をする

  室内でも屋外でも、のどの渇きを感じなくても水分を補給しましょう!

 

熱中症の症状

 ☆めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い

 ☆頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う

 重症になると

 返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

 

熱中症を疑ったら、すばやい対応を!
1.涼しい場所へ避難させる

 エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など涼しい場所に避難させる
2.体温を下げる
 *衣服をゆるめて、体からの熱を放散させる
 *皮膚に水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐ
 *氷などがあれば、頚部(けいぶ)、わきの下、大腿(だいたい)の付け根に当て冷やす

3.冷たい水やスポーツドリンクを飲ませる
 ※自力で水が飲めない、意識がない場合はすぐに救急車を呼びましょう!

 

熱中症についての情報

 熱中症予防についてリーフレット(PDF:788KB)

 厚生労働省で作成しているリーフレットです。

 

≪ 厚生労働省≫

 熱中症関連情報〔施策紹介、熱中症予防リーフレット、熱中症診療ガイドラインなど〕

 

  お問い合わせ先 東かがわ市 市民部 保健課
          TEL 0879-26-1229