このページの本文へ移動

ホームお知らせ › 障害者差別解消法

障害者差別解消法

 全ての国民が障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重しあいながら共生する社会の実現に向け、障害を理由とする差別の解消を推進することを目的として施行されました。この法律では、「不当な差別的扱い」を禁止し、「合理的配慮の提供」を求めています。

 

 不当な差別的取扱いの禁止  国・都道府県・市町村などの役所や、会社やお店などの事業者が、

               障がいのある人に対して、正当な理由なく、障害を理由として差別

               することを禁止すること。                                

                     

 合理的配慮の提供  国・都道府県・市町村などの役所や、会社やお店などの事業者が、障がいの

           ある人から、社会の中にあるバリアを取り除くために何らかの対応を必要と

           しているとの意思が伝えられたときに、負担が重すぎない範囲で対応するこ

           と(事業者は対応に努めること)。

 

 障がいのある人もない人も、互いに、その人らしさを認め合いながら、共に生きる社会を築いてい

きましょう。 

お問い合わせ先

東かがわ市 総務部 人権推進課
TEL 0879-26-1227


最終更新日: 2018年02月26日