このページの本文へ移動

ホームくらしの情報くらし・住まいごみ・環境・ペット › 迷い犬・迷い猫について

迷い犬・迷い猫について

  ペットがもしもいなくなったら 

  

 もし飼っている犬や猫がいなくなったら、「どうせすぐに帰ってくる。」と考えてはいけません。外でケガをして自力で帰ってこれない状態になっているかもしれませんので、すぐに探しましょう。

 

 

1 犬や猫が隠れられそうな場所をくまなく探してください。いなくなった場所から徐々に半径を広

 げるような感覚で捜索範囲を広げてください。
2 保健所、警察署、市役所で保護されているかもしれませんので連絡してみましょう。
3 ポスターを貼ったり、情報誌に掲載すると、たくさんの人から情報が得られるかもしれません。

   ※ポスター等は、施設管理者等の了解を取ったうえで貼りましょう。

4 いざという時のために、動物の外見的な特徴を把握し、写真も準備しておきましょう。

   ※迷子札を首輪につけたり、マイクロチップの埋め込みも手がかりになります。

5 ペットに身元や連絡先がわかるものをつけておきましょう。

   ※犬は、市で登録し鑑札を首輪などにつけておきましょう。

 

  また香川県の各保健所では、迷い犬、迷い猫と思われる犬猫について、ホームページで公開していますので確認してみましょう。

 

01
  迷い犬・迷い猫の情報について(香川県のホームページ)

  

  譲渡犬・譲渡猫の情報について(香川県のホームページ) 

 

      環境省 収容動物検索情報サイト

         
 

お問い合わせ先

東かがわ市 市民部 環境衛生課
TEL 0879-26-1226


最終更新日: 2018年10月05日