このページの本文へ移動

ホームいざというとき防災情報 › 災害時要援護者登録

災害時要援護者登録

 
災害時要援護者登録について
 
  地震や台風災害時には早めに避難することが大切です。しかし、障害や高齢のため、自力で避難行動を取ることが困難な方々については「災害時要援護者登録」をし、地域の支援者に協力を求めることができます。    
 
 要援護者の方には、支援者が必要です。
 ⇒ 支援が可能な家族や身近な親類がいる場合は
    普段からもしもの時のために、みんなで話し合っておきましょう。
 ⇒ 家族等による支援が受けられない場合は
    住んでいる地域の方々の協力の元に避難することが必要です。
    「災害時要援護者登録」を行い、普段から協力体制を確認しあっておきましょう。
    
      ※ この登録制度は、あらかじめ要援護者を登録し、支援者も含めた関係者で
       その情報を共有しておくことで、少しでも災害時の被害を少なくしようとする
       ものです。
        情報共有する支援者は、民生委員・児童委員、自主防災組織、自治会、
       社会福祉協議会、福祉委員、消防団、警察署、消防署、地域支援者です。
   
   登録用紙は、市福祉課または危機管理課に提出していただきます
   様式はこちら(PDF:78KB)です
 
 災害時は、、、
  1 まずは早めの行動(自力でできる範囲を)
  2 支援が可能な家族や身近な親類による支援
  3 地域の支援者による支援
 
 災害時(災害まで)に各々が行うこと
  【要援護者本人】
   普段からの備え(避難所、避難経路、危険箇所など)
   災害時には、、、
    早めの行動(自力でできる範囲を)
  【支援者】
   普段から地域の要援護者の所在や状況を把握し、支援方法の検討や訓練を行う
   この際、防災マップや個別避難計画などを活用する
   災害時には、、、
    安否確認、避難所までの誘導(場合によっては、その他安全な場所で待機を促す)
 
 

お問合せ先

東かがわ市市民部 福祉課 TEL 0879-26-1228
東かがわ市総務部 危機管理課 TEL 0879-26-1235


最終更新日: 2016年08月19日