このページの本文へ移動

ホームリンク用支援・補助制度 › ひとり親家庭等医療費助成制度

ひとり親家庭等医療費助成制度

ひとり親家庭等医療費助成制度
 
 
医療費助成制度の変更のお知らせ
東かがわ市の医療費助成制度について、平成29年8月から下記のとおり変更となります。
 
○従来から実施している市内の病院・調剤薬局、さぬき市民病院での医療費無料化に加え、さぬき市 
 内の病院・調剤薬局でも医療費無料化を実施します。 
 ただし、以下の場合は、一度窓口で支払い、後日、市に申請する必要があります
  ●70歳以上の方及び後期高齢者医療制度の被保険者の方
  ●現物給付を実施する医療機関以外での受診
  ●入院に係る医療費や、高額療養費に該当するとき
 
注意! 現物給付対象者の方でも、年度の途中で70歳に到達または後期高齢者医療制度に加入さ 
    れた場合は、償還払いへ変更となります。
○一部負担金を廃止します
 住民税課税世帯の方にご負担いただいていた一部負担金(外来250円・入院500円)を廃止。
○制度の優先順位の変更
 平成29年7月までは小・中学生の医療費助成については、「子ども医療費助成制度」が優先され
 ていましたが、8月からは「子ども医療費助成制度」を受けている方でも、「ひとり親家庭等医
 療費助成制度」の受給要件を満たす場合は、そちらの制度を優先することとなります。
○受給者証の統一
 制度ごとに分かれていた受給者証が「福祉医療受給者証」に統一されました。
    
対象者
 市に住民票があり、いずれかの健康保険に加入している方で、下記のいずれかの条件に該当する方
◆配偶者のいない者で児童を扶養している父又は母とその児童
◆両親のいない児童
◆両親のいない児童を扶養する配偶者のいない者(祖父母、兄姉など)
◆配偶者が精神または身体の障害(身体障害者手帳1級、2級、または療育手帳○A、A)を有している者で児童を扶養している父又は母とその児童
※児童の対象年齢は、満6歳になる年の年度初めから満18歳に達した日の属する年度末までです。
 
所得制限
県の補助基準で定める所得制限を超えている方は、対象者とはなりませんのでご注意ください。 
※所得は本人及び扶養義務者で判定し、所得の審査は1年更新です。
 
受給者証交付申請に必要なもの
◆福祉医療費受給者証交付申請証
◆健康保険証
◆医療費振込み用の預金通帳
※ゆうちょ銀行の場合は、振込用の店名・預金種目・口座番号をもつ場合に限ります。
◆印鑑
◆所得課税証明書(※東かがわ市に被保険者の課税情報がない人のみ必要) 
 
助成の範囲
  認定請求があった日の属する月の初日以降の、保険診療分の自己負担が対象になります。(転入日の属する月に申請された場合は、転入日以降の医療機関等の保険診療分の自己負担が対象になります)保険給付の対象とならない医療費(入院時の差額室料など)は対象外です。
 
※平成29年7月診療分以前の申請について
 ★市民税課税世帯(受給資格者証の区分欄が「区分B」と表示されています)においては、
  下記の自己負担が必要になります。
  入院:500円/1レセプト    外来:250円/1レセプト
  ※調剤薬局分については、上記の自己負担は不要です。
 ★市民税非課税世帯(受給資格者証の区分欄が「区分A」と表示されています)においては、
  上記の自己負担は不要です。
 
よくある質問
 Q 医療費はどこまで助成されるの?
 A 保険診療の自己負担額(高額療養費及び入院時食事療養費にかかる標準負担額は除く)です。
  助成の対象とならない例(検診料、薬の容器代、文書料、入院時の個室料、予防接種代など)
 
 Q 子どもが学校で怪我をしたした。ひとり親家庭等医療費助成制度は使えないの?
 A 学校での怪我などの場合は日本スポーツ振興センターの災害共済給付が優先されます。た
  だし、センターの申請対象にならなかった場合は、助成制度が受けられる場合があります。
 
 Q 医療費支給申請書はいつまでに提出すればいいの?
 A 診療月の翌月1日から5年以内に提出してください。
 
 Q 医療費支給申請書を提出しましたが、いつ振り込まれますか?
 A 診療を受けた月の翌月末までに提出されたものについて、翌月の28日前後に口座振込しま
  ます。(休日の関係で前後することがあります。)
  だだし、高額療養費に該当している場合は加入されている保険者から高額療養費の金額が確
  定してからの支給になります。医療費が高額になりそうな場合は、事前に加入されている健
  康保険にて限度額適用認定証の申請をし、医療機関に提示しておくと窓口での支払いが限度
  額までとなります。
 
こんな時は、必ず手続きをしてください!
次の場合は手続きが必要になりますので、必要なものを持って、保健課、市民課または各支所で
手続きをしてください。
●住所、氏名、口座等が変わったとき
●保険者、被保険者証の記載事項等が変わったとき
●受給者証を紛失し、再交付をうけるとき
資格要件を満たさなくなったときは 受給者証 を返納してください
 
各種申請様式  
医療費支給申請書(PDF:150KB)