このページの本文へ移動

ホームくらしの情報くらし・住まいごみ・環境・ペット › 支援・補助制度(ごみ)

支援・補助制度(ごみ)

 

生ごみ堆肥化容器等購入費補助

 

補助対象                                                                     市に居住する方で、申請者を含む世帯全員について市税等の滞納の無い方。

対象機器

 電動生ごみ処理機
(1世帯1台まで)

 購入価格の2分の1に相当する額
または20,000円のいずれか低い額

 コンポスト
(1世帯2基まで)

 購入価格の2分に1に相当する額
または3,000円のいずれか低い額

 EM容器
(1世帯2個まで)

 購入価格の2分に1に相当する額
または750円のいずれか低い額

 EMぼかし
(1世帯1ヶ月
につき5袋まで)

 購入価格の2分に1に相当する額
または150円のいずれか低い額
 ※電動生ごみ処理機については5年間の耐用年数があり、期間内に再度の申請はできません。

 

申請方法
生ごみ堆肥化容器等購入費補助金交付申請書及び請求書に、処理機を購入したことを証する領収書の原本・商品のカタログ等を添付して、申請してください。  
                                                 

  

ごみステーションの設置と利用

 

ごみステーションとは

 ごみステーションとは、ごみの収集日に道路側端等の一部を一時的に(ごみが収集されるまでの間)利用し、ごみを置く場所です。
 ごみステーションの場所選定や管理・清掃は、地域の皆さんでお願いします。
 
新設の場合
 ごみステーション設置要望書を環境衛生課か各支所へ提出してください。
 
増設・取替・修繕・場所の変更等の場合
 ごみステーション設置要望書(新設以外の様式)を環境衛生課か各支所へ提出してください。
 
条件
 ・ごみステーションは自治会ごと又は概ね20世帯で1箇所とする。
 ・ごみステーション相互の間隔は概ね100m以上とする。
  ただし、市長が特に必要と認める場合はこの限りではない。
 ・利用者及び自治会(以下「利用者等」という。)の合意があり、土地所有者及び管理者の承諾を得ること。
 ・収集作業上、危険な場所でないこと。
 ・道路に面する場所で、ごみ収集車が容易に回転又は通り抜けができること。
 ・詳細は、市ごみステーション設置基準(PDF:82KB)をご覧ください。
  
 

資源リサイクル活動奨励金

 
 
対象団体
 自治会、子ども会、PTA、婦人会、老人会等
 
対象品目
 新聞紙、雑誌、ダンボール、牛乳パック、飲料用アルミ缶、飲料用スチール缶、ビールビン、一升ビン、布、衣類等
※布、衣類等については平成28年4月1日より対象品目に追加しました。

 

奨励金額
重量1kgにつき5円(年度内に申請は4回まで、1回の申請での限度額は5万円)

 

申請方法
奨励金の交付を受けようとする団体は、あらかじめ、資源リサイクル活動実施団体届出書の提出が必要です。
回収実施後は、資源リサイクル活動奨励金交付申請書及び請求書に、回収業者の計量表または買上伝票の写しを添付してください。       

 

お問合せ先

東かがわ市市民部 環境衛生課
TEL 0879-26-1226